INFORMATION

新着情報

東京タワー

ファクタリング基礎知識②【メリット&デメリット解説】

ファクタリング

メリットも多く、緊急の資金繰りの際には、

非常に有効的な資金調達方法のひとつであると前回ご説明致しました。

 

しかしながら、

ファクタリングにも少なからず

【デメリット】の部分も有る事をしっかりと

把握して頂き、ご利用になる際には充分に

ファクタリングを理解された上でのご利用をお勧め致します。

 

 

『ファクタリングのデメリットは・・・?』

① 売掛金の範囲内でしか資金調達が出来ない

ZIST(ジスト)の提供するファクタリングは

≪即時に資金提供が可能な売買取引≫の為、

現在、企業様が保有している売掛金の範囲での資金調達は可能ですが、

それ以上の資金調達は出来ません。

融資とは違い売掛金の残金に対しての、資金調達枠となりますので、

大きな資金をご必要の場合には、融資による資金調達をお勧め致します。

 

 

▼金融機関からの融資をお考えの方はこちらのサービスを▼

https://zist.co.jp/instructor/

 

 

② 悪徳業者も存在している

ファクタリングを装った、悪徳ヤミ金融業者や、貸金法にて違法と位置付けられた

給与ファクタリングなどを行っている、業者が未だ存在しているのが現状です。

これらの業者は決してご利用になられない様に、細心の注意を払ってのご利用を

お勧め致します。

 

「何かおかしい?」「ちょっと怪しい」など、

少しでも不安に感じた際には、

弊社のご相談窓口までお問い合わせ下さい。

 

≪ご相談専用フリーダイヤル≫

0120-322-200[通話料無料]

 

③ 手数料が融資に比べて割高

日本政策金融公庫や銀行など、金融機関からの融資に比べると

資金化の際の手数料が割高なのはデメリットのひとつです。

ファクタリングは未だ入金になっていない売掛金を期日前に買い取る為、

未回収等のリスク管理上、どうしても手数料が割高になってしまいます。

ZIST(ジスト)では、20%を超えての利率にてご利用中の方に、

切り替えをお勧めしております。

継続的なご利用の際には、出来る限り負担の少ない資金調達を推奨致します。

 

ご新規様には

【最大5%の割引特典】実施しております!

 

 

▼【公式】ZIST(ジスト)の優良ファクタリングサービスはこちら▼

https://zist.co.jp/support/

https://zist.co.jp/lp/

 

 

以上。ファクタリングについてのデメリットをご紹介致しました。

年末に向けて、資金が必要になる事も多くなる時期ですが、

しっかりとファクタリングを理解した上でご活用頂ければと思います。

また、誠実に対応出来る業者探しも大切なポイントです!

 

                                                                    

 

(記事監修)

資金調達の認定パートナー|株式会社ZIST(ジスト)

企業経営アドバイザー 岡田裕一

 

                                                                      

 

ご相談専用ダイヤル

0120-322-200[通話料無料]

 

▼ZIST(ジスト)公式ファクタリングサービス案内▼

https://zist.co.jp/support/

https://zist.co.jp/lp/

CONTACT

0120-322-200

[通話料無料]
受付時間 平日10:00〜19:00(土日祝休)

03-6416-4361

24時間 365日受け付けております。

メールでお問い合わせはこちら 

24時間 365日受け付けております

/ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.2.4/jquery.min.js">