COLUMN

コラム

東京タワー

ファクタリング手数料を安く抑えるポイントを解説!

電卓とお金

銀行融資等と比較すると、手数料が高いと言われるファクタリングを利用する上で、いかに手数料を安く抑えるかが重要なポイントになります。

急な資金調達が可能だとしても、手数料が高すぎれば、資金繰りが楽にならないおそれがあります。

そこで、この記事ではファクタリング手数料の内訳を説明するとともに、ファクタリング手数料を安く抑えるポイントについて解説します。

 

 

ファクタリング手数料の内訳

ファクタリングは、すぐに資金調達するための有効な手段として知られていますが、銀行など金融機関からの融資に比べると、手数料が高いという特徴があります。

そのため、ファクタリングを利用する際には、手数料がいくら(何%)なのかを確認することが重要です。

そこで、ファクタリング手数料にはどのような費用があるのかについて、その内訳を解説します。

ファクタリング手数料の内訳と説明しましたが、必ずしも手数料に含まれているというわけではありません。

基本手数料とは別に、費用が請求されることがあります。

ファクタリング手数料には、大きく分けて「基本手数料」「事務手数料」「登記費用」の3つの費用があります。

 

①基本手数料

基本手数料は、ファクタリング会社によって違っています。

売掛先の信用力やファクタリングの種類の違い(2社間か3社間か)、同じファクタリング会社の利用回数、売掛債権の金額などにより、基本手数料は違ってきます。

売掛債権の金額については、金額が高くなれば、基本手数料は安く抑えられます。

 

②事務手数料

・審査手数料

・(売掛債権譲渡契約書の)印紙代

・交通費

 

③登記費用

・登録免許税(7,500円)

・司法書士への報酬

 

登記費用は、2社間ファクタリングの場合に必要になります。

というのは、2社間ファクタリングには、利用会社による二重譲渡のリスクがあることから、債権譲渡登記を条件とする場合があるからです。

 

 

ファクタリング手数料を安く抑えるポイント

では、ファクタリング手数料を安く抑えるには、どうしたらいいでしょうか。

ファクタリング手数料を安く抑える方法はいくつかありますが、ここでは4つのポイントについて解説します。

 

①信用できる売掛先を選び、その証拠を示し説明する

ファクタリング会社は、売掛先の会社を審査するため、信用できる売掛先を選び、(ファクタリング会社に)その証拠を示した上で説明する必要があります。

ここでいう信用できる売掛先としては、国や地方自治体などの公共機関のほか、大手企業などが挙げられますが、これらの公共機関や大手企業に限られません。

たとえ中小企業であっても、これまでの取引実績などの証拠書類を示した上でしっかりと説明すれば、信用できる売掛先として、手数料を抑えることが可能です。

 

②2社間ではなく3社間ファクタリングを利用する

ファクタリング手数料は、2社間よりも3社間ファクタリングのほうが安くなっています。

3社間ファクタリングは、売掛先も契約に加わり、売掛金が売掛先から直接ファクタリング会社の口座に振り込まれるため、2社間ファクタリングよりリスクが低いからです。

 

③いくつかのファクタリング会社から見積もりを取る

いくつかのファクタリング会社から見積もりを取って、比較検討することは、ファクタリング手数料を安く抑えるためには、有効です。

ファクタリング会社を比較検討することで、どの会社の手数料が安いのかが分かります。

さらに、他社と交渉していることを知らせることにより、手数料が安くなる可能性があります。

 

④同じファクタリング会社を複数回利用する

1度利用して、信用できるファクタリング会社だと思ったら、同じ会社を複数回利用することにより、手数料を安く抑えられる可能性が高くなります。

同じファクタリング会社を複数回利用することで、信用が増していくからです。

 

 

まとめ

この記事では、ファクタリング手数料の内訳を説明するとともに、手数料を安く抑えるポイントについて解説してきました。

ファクタリングは、銀行融資等に比べて、確かに手数料は高くなりますが、見積もりを取ってファクタリング会社を比較するなど、手数料を安く抑えることは可能です。

資金繰りが悪化したとき、ファクタリングは確実に大きな力になってくれますが、その上、手数料を安く抑えられれば、会社にとっては大きなプラスになります。

この記事が、ファクタリングを利用する際に、手数料を安く抑えるための参考になれば幸いです。

ファクタリング即日のご相談は株式会社ZIST(ジスト)へ

CONTACT

0120-322-200

[通話料無料]
受付時間 平日10:00〜19:00(土日祝休)

03-6416-4361

24時間 365日受け付けております。

メールでお問い合わせはこちら 

24時間 365日受け付けております

/ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.2.4/jquery.min.js">