COLUMN

コラム

東京タワー

売掛金と未収金の違いはなに?

電卓

売掛金と未収金の違いを皆さんはご存じでしょうか。 売掛金と未収金は資産であることや金銭債権であることなどの共通点があるため、その違いについては認識していない人も多いかもしれません。

しかし、売掛金と未収金には明確な違いがあります。

そこで、この記事では売掛金・未収金とはなにかを解説するとともに、売掛金と未収金の違いについても解説します。

 

 

売掛金とは?

売掛金とは、商品を販売した場合に後日その代金を受け取る権利のことで、売上債権とも呼ばれます。

ここで言う「商品を販売して、後日その代金を受け取る」取引のことを掛取引と言います。

また、売掛金の定義として重要なことは、商品やサービスを販売するなど営業活動を通して発生した債権のことを売掛金ということです。

より具体的に言うと、売掛金とは自社で製造した商品を販売したり、自社の手掛けたサービスなどを提供したりするなどの営業活動により発生した債権のことを言います。

 

例えば、お菓子メーカーが自社で製造したお菓子などの商品を販売して、後日代金を受け取る権利が売掛金です。 売掛金は後日請求ができ、代金を回収することで売掛金は消滅します。

売掛金は、貸借対照表上では資産に計上され、流動資産(1年以内に現金化できる資産)として計上されます。 売掛金には時効があり、1~5年の時効により売掛金は消滅します。 売掛金の主な消滅時効は次の通りです。

【時効期間】  【売掛金】

1年で消滅        宿泊費・飲食料など

2年で消滅        月謝・教材費・製造業・卸売業・小売業 など

3年で消滅        診療費・建築代金・設計費 など

5年で消滅        上記以外

 

 

未収金とは?

売掛金が商品やサービスを販売するなど営業活動を通して発生する債権であるのに対し、未収金は営業活動以外の取引により発生する債権です。 例えば、車両や備品などの固定資産や有価証券の未回収金などがあります。

未収金は、財務諸表上では「未収入金」と言います。 未収金は、売掛金と同じく貸借対照表上では資産に計上されますが、決算日の翌日から1年以内に回収される予定の場合は流動資産、1年を超える場合は固定資産に計上されます。

1.売掛金と未収金の違い 売掛金と未収金についてそれぞれ解説してきましたが、ここでは売掛金と未収金の違いについて解説します。 売掛金と未収金の最も大きな違いは、それぞれから発生する取引が営業活動であるか否かです。

つまり、売掛金が営業活動による商品やサービスの提供により生じる債権であるのに対し、未収金は営業活動以外の取引により生じる債権になります。

また、貸借対照表上、売掛金が回収期間にかかわらず流動資産に計上されるのに対し、未収金は回収までの期間が1年以内の場合は流動資産、1年を超える場合は固定資産に計上されます。 同じ資産である売掛金と未収金は、営業活動から発生したかどうかにより区別されますが、言い換えると、収益により発生したかどうかにより区分されているのです。

 

 

まとめ

この記事では、売掛金と未収金とはなにかを解説するとともに、売掛金と未収金の違いはなにかについても解説してきました。

売掛金と未収金の最も大きな違いは、商品やサービスの提供などの営業活動により債権が生じたか否かになります。

つまり、売掛金と未収金が発生した取引に収益があったかどうかの違いということです。

このように売掛金と未収金に分けることにより、貸借対照表上の扱いが違ってきます。

売掛金は流動資産に計上されるのに対し、未収金は回収までの期間が1年以内か1年超により、変わってきます。

1年以内の場合は流動資産、1年超の場合は固定資産に計上されます。 この記事が、売掛金と未収金の違いの理解の参考になれば幸いです。

ファクタリングでお困りの方は株式会社ZIST(ジスト)までご相談ください。

CONTACT

0120-322-200

[通話料無料]
受付時間 平日10:00〜19:00(土日祝休)

03-6416-4361

24時間 365日受け付けております。

メールでお問い合わせはこちら 

24時間 365日受け付けております

/ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.2.4/jquery.min.js">