COLUMN

コラム

東京タワー

建設業界でファクタリングが多く利用されている理由とは?

ビル 建設

近年、銀行融資だけでなくファクタリングを利用する建設業者が多くなっています。

そこで建設業界でファクタリングが多く利用されている理由について解説します。

 

建設業の特徴

建設業とは住宅やビルなどの建物や道路などを建設する土木建設工事を実施する業種のことをいいます。

建設業の特徴についてはいくつかありますが、その中から次の2つの大きな特徴を解説します。

 

(1)請負契約である

建設業の大きな特徴としては請負契約であることが挙げられます。

建設業は個別に受注して生産するという生産方式であるため、請負契約を結んで完成品を引き渡すという方式を採っています。

 

(2)1つの工事には多くの業者が関わっている

1つの工事には多くの業者が関わっています。

例えばビルを建設する場合、建設会社が工事を請け負いますが、すべての工事をこの建設会社が施工するわけではありません。

というのは、ビルを建設するためには多くの専門的な工事が必要になるため、それだけの専門業者に外注する必要があるためです。

外注が多いことも建設業の特徴のひとつです。

 

 

なぜ、融資ではなくてファクタリングが利用されているのか

これまで多くの建設業者が資金調達方法として利用していたのが銀行融資です。

しかし近年は銀行融資ではなくファクタリングを利用している建設業者が中小企業を中心に多くなってきています。

ではなぜ、中小建設業者は融資ではなくファクタリングを利用しているのでしょうか。

 

(1)ファクタリングは建設業が請負契約であることと関係する

中小建設業者が融資ではなくファクタリングを利用するのは、建設業は請負契約が基本であり1つの工事に多くの業者が関わり、外注が多いという特徴と関係があるのです。

建設業の請負契約では完成品を引き渡した後に報酬が支払われますが、請負工事は長期間にわたって実施されます。

つまり請負契約では売掛金が発生するということです。

そのため報酬が支払われるまでの人件費(給料など)や材料費などの費用は建設業者が賄う必要があることから、建設業者は主に銀行融資を利用していました。

しかし、銀行融資を受けるには時間がかかるため人件費や材料費などの運転資金が足りなくなってしまった場合、資金繰りが厳しくなってしまうおそれがあります。

 

そのような場合に有効な手段として利用できるのがファクタリングです。

ファクタリングを利用すれば即日現金が入金されるため、比較的簡単に資金調達ができます。

ゼネコンなどの大企業であれば資金繰りが厳しくなることはあまりないのですが、中小建設業者の場合、資金が足りなくなってしまうリスクが高いことからファクタリングを利用する中小建設業者が多くなってきたのです。

 

 

(2)ファクタリングの特徴

以上のことをわかりやすくするために、ファクタリングの特徴について解説します。

 

①ファクタリングは「融資」ではない

ファクタリングは融資ではないため、決算書の1つである貸借対照表では負債という扱いにはなりません。

一方、銀行融資は負債です。

ファクタリングが負債ではないということは、今後銀行融資の審査を受ける際に有利になるということです。

 

②融資よりも審査に通りやすい

銀行融資の審査は時間がかかりますが、ファクタリングは即日で資金調達できる可能性が高いのです。

 

③手数料が高めに設定されている

ファクタリングを利用する場合、本来の支払日よりも前倒しで現金化するためファクタリング会社に支払う手数料が高めに設定されています。

 

まとめ

このように建設業とファクタリングはとても相性が良いのです。

ファクタリングの利用を希望される際は、この記事の内容を参考にしていただければわかりやすいでしょう。

ファクタリングでお困りの方は株式会社ZIST(ジスト)にご相談ください。

お電話・メールでも対応可能でございます。

CONTACT

0120-322-200

[通話料無料]
受付時間 平日10:00〜19:00(土日祝休)

03-6416-4361

24時間 365日受け付けております。

メールでお問い合わせはこちら 

24時間 365日受け付けております

/ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.2.4/jquery.min.js">