COLUMN

コラム

東京タワー

資金調達が即日可能?ファクタリングの基礎知識について

お金

ファクタリングとは、売掛金をファクタリング会社に譲渡することによって、資金を調達する方法のことです。

従来資金調達方法として、銀行融資を利用する会社が多かったのですが、最近はファクタリングを利用する会社が多くなっています。

そこで、この記事ではファクタリングの基礎知識を解説するとともに、ファクタリングによる資金調達が即日可能なのかについて、解説します。

 

即日のファクタリングは可能なのか?

結論から言うと、即日ファクタリングは可能です。

では、どうして即日ファクタリングは可能なのでしょうか。

そこで、即日ファクタリングがどうして可能なのかを明らかにするために、ファクタリングについて解説します。

ファクタリングとは、売掛金をファクタリング会社に売却することによって、現金化するという資金調達方法のことです。

そんなファクタリングには、銀行融資などの資金調達方法と比べると、次のように多くのメリットがある一方、デメリットもあります。

 

①ファクタリングのメリット

・銀行融資より審査が厳しくない

・審査されるのは取引先会社(売掛先)であり、自分の会社(自社)ではない

・銀行融資は借金であるのに対し、ファクタリングは売掛金の譲渡であるため、信用情報に記録されない

・担保・保証人は不要

 

②ファクタリングのデメリット

・銀行融資よりも手数料が高めに設定されている

即日でファクタリングによる資金調達が可能なのは、ファクタリングに①のようなメリットがあるからです。

つまり、ファクタリングは銀行融資より審査が厳しくないため、最短即日で資金調達が可能であり、実際に審査されるのは自社ではなく、売掛先である取引先会社であるため、即日での資金調達が可能になるのです。

さらに、ファクタリングには担保・保証人が不要であることも、ファクタリングが即日で資金調達が可能になる要因のひとつです。

また、ファクタリングが即日で資金調達可能になる直接の要因ではありませんが、ファクタリングによる資金調達は銀行融資と違って、信用情報に記録されないことも大きなメリットです。

というのは、信用情報に記録されなければ、今後資金調達が必要になった場合に、銀行融資やカードローンなどの審査に通過する可能性は高くなるからです。

 

 

注意点

以上のように、即日でファクタリングによる資金調達は可能ですが、いくつか注意点がありますので解説します。

即日でファクタリングする上で、最も注意すべきは、2社間ファクタリングのみだということです。

2社間ファクタリングは、自社とファクタリング会社の2社による契約であるのに対し、3社間ファクタリングは、この2社に売掛先会社を加えた3社による契約であるため、手続き上即日でのファクタリングは難しくなるからです。

 

また、ファクタリングによる資金調達の金額が高いか、低いかによっても、即日でファクタリングできるかどうかに影響を与える可能性があります。

というのは、100万円と5,000万円では、どうしても5,000万円のほうがファクタリング会社の審査が厳しくなるため、100万円のほうが即日で資金調達できる可能性が高くなるからです。

ファクタリング会社によっても、即日でファクタリングが可能かどうかが違ってきますので、公式サイトで確認することはもちろん、電話やメールで問い合わせる必要があります。

 

 

まとめ

この記事では、ファクタリングの基礎知識を解説するとともに、ファクタリングによる資金調達が即日可能なのかについて解説してきました。

ファクタリングは銀行融資などの資金調達方法と比べると、多くのメリットがあるため、即日で資金調達できる可能性が高いのです。

ただし、即日でファクタリングにより資金調達するには、2社間ファクタリングのみなど、いくつかの注意点があります。

この記事が、即日でファクタリングによる資金調達する際の参考になれば幸いです。

即日ファクタリングのご相談は株式会社ZIST(ジスト)へ

CONTACT

0120-322-200

[通話料無料]
受付時間 平日10:00〜19:00(土日祝休)

03-6416-4361

24時間 365日受け付けております。

メールでお問い合わせはこちら 

24時間 365日受け付けております

/ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.2.4/jquery.min.js">