COLUMN

コラム

東京タワー

資金調達成功の為に押さえておくべきポイント

ポイント

ファクタリングによる資金調達は、銀行など金融機関の融資と比べると短期間でできることから、売掛金さえあれば、簡単にできると思っている方が多いのではないでしょうか。

しかし、ファクタリングによる資金調達でも上手くいかないことはあります。

この記事ではファクタリングによる資金調達が上手くいかない理由を説明するとともに、押さえておくべきポイントを解説します。

 

 

資金調達が上手くいかない原因

資金調達といっても、銀行融資や手形割引、ファクタリングなどいくつかの手段がありますが、ここではファクタリングによる資金調達が上手くいかない原因について解説します。

銀行融資よりもファクタリングのほうが資金調達のハードルは低いと言われていますが、それでも上手くいかないこともあります。

上手くいかなかった原因は必ずあるので、その原因を理解すれば、ファクタリングによる資金調達は上手くいくはずです。

ファクタリングによる資金調達が上手くいかない原因について、4点ほど事例を紹介しながら解説します。

 

①悪徳業者にファクタリングを依頼してしまった

ファクタリングによる資金調達が上手くいかなかった原因で最も多いのが、悪徳業者にファクタリングを依頼してしまったことです。

ここでいう悪徳業者の中には、貸金業の登録をせずに貸金業を営む「ヤミ金融業者」が含まれます。

悪徳業者に依頼してしまったことにより、実際に次のような事例があります。

 

・異常に高額な手数料を請求された

・ファクタリング(「債権譲渡契約」)ではなく、違法な貸付け(「金銭消費貸借契約」)であった

・どういうわけか、悪徳業者に金銭を支払うことになっており、違法な取立てを受けた

 

このような被害に遭わずに、信頼できるファクタリング会社を選ぶためには、ファクタリングの特徴をよく理解し、業者選びのリサーチをしっかりとおこなうことが重要です。

金融庁も「ファクタリングに関する注意喚起」(https://www.fsa.go.jp/user/factoring.html)をおこなっておりますので、ファクタリングによる資金調達をする際に確認してください。

 

②複数回ファクタリングを利用したため、必要な資金調達ができなかった。

 

③3社間ファクタリングを契約する際、売掛先から理解を得られなかったため、関係が悪化してしまった。

 

④償還請求権があるファクタリング契約を結んで、売掛先が倒産してしまったため、返済義務を負うことになった。

 

 

資金調達成功の為に押さえておくべきポイント

ファクタリングによる資金調達が上手くいかなかった原因について、事例を交えていくつか解説しましたが、これらの原因を理解して、回避するポイントを押さえておけば、資金調達に成功する確率は高くなります。

まず、ファクタリング会社に依頼する際、悪徳業者を避けるためには、しっかりと説明を聞いた上で契約書を確認することが重要です。

ファクタリングによる契約は、金銭消費貸借契約ではなく、債権譲渡契約になります。

つまり、金銭消費貸借契約と記載があったら、そのファクタリング会社に依頼するのをやめるということです。

 

その他にも手数料や契約当事者(2社間 or 3社間ファクタリング)など契約書には、重要な情報が書かれているため、ファクタリング会社が作成した契約書をしっかりと確認し、1通を貰って保管しておきます。

悪徳業者の中には、契約書を作成しない業者もいることから、注意が必要です。

手数料が適正かを確認するのはもちろん、償還請求権がないことを確認することも重要です。

 

 

まとめ

この記事では、ファクタリングによる資金調達が上手くいかない理由を説明するとともに、押さえておくべきポイントを解説してきました。

ファクタリングによる資金調達をする際、押さえておくべきポイントは、ファクタリングの特徴をよく理解し、ファクタリング業者選びのリサーチをしっかりとおこなうことです。

そうすれば、悪徳業者に依頼することを避けられますし、契約についておかしいところを指摘できます。

この記事がファクタリングによる資金調達の参考になれば幸いです。

売掛金の即日現金化のご相談は株式会社ZIST(ジスト)へご依頼ください。

CONTACT

0120-322-200

[通話料無料]
受付時間 平日10:00〜18:00(土日祝休)

03-6416-4361

24時間 365日受け付けております。

メールでお問い合わせはこちら 

24時間 365日受け付けております

/ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.2.4/jquery.min.js">