COLUMN

コラム

東京タワー

インボイス制度導入によるファクタリングへの影響はどのくらいあるか?

請求書

2023年10月1日、大きな問題を抱え批判にさらされながらも、インボイス制度が導入されました。

しかし、「インボイス制度って、具体的にはどんな制度?」と思っている方も多いのではないでしょうか。

そこで、この記事では、インボイス制度の導入によるファクタリングへの影響はどのくらいあるかについて解説します。

 

 

インボイス制度とは

書き物をする男性

インボイス制度とは、売り手(適格請求書発行事業者)が買い手(課税事業者)に対して、次の情報が記載されたインボイス(適格請求書)を交付する制度です。

・登録番号
・適用税率
・消費税額等

 

インボイス制度のことを正確には「適格請求書等保存方式」と言います。

要は買い手にインボイスを交付することによって、適用税率や消費税額等を伝える制度です。

インボイス制度が導入された目的は、正確な消費税率と消費税額を把握することです。

軽減税率が導入されたことにより8%と10%の消費税が混在した為、国がインボイスを導入することで正確な数字を把握しようと考えたのです。

 

しかし、導入前からインボイス制度の問題点が指摘され、個人事業主やフリーランスを中心に批判が巻き起こりました。

というのは、これまで年間売上1,000万円未満の免税事業者だった個人事業主やフリーランスが、納税せざるを得ない事態に追い込まれる可能性が高くなったからです。

 

つまり、インボイス登録事業者(適格請求書発行事業者)になると、10%の増税となってしまうのです。

インボイス登録事業者として登録するかどうかは任意ですが、課税事業者である取引先との関係で、結局10%の増税になってしまう可能性が高いのです。

 

 

 

インボイス制度導入によるファクタリングへの影響

頭を悩ませる女性

結論から言うと、インボイス制度導入によるファクタリングへの影響はありません。

なぜなら、ファクタリングのような売掛債権の譲渡は、非課税取引だからです。

売掛債権のような金銭債権の取引は「非課税取引」である旨が、法令で定められているのです。

国税庁の公式サイトには、次のように記載されています。

 


(2) 有価証券等の譲渡

国債や株券などの有価証券、登録国債、合名会社などの社員の持分、抵当証券、金銭債権などの譲渡

ただし、株式・出資・預託の形態によるゴルフ会員権などの譲渡は非課税取引には当たりません。

出典:国税庁「No.6201 非課税となる取引」

 

そのため、ファクタリングは非課税取引であることから、インボイス制度の影響はありません。

インボイス制度の導入による年間売上1,000万円未満の免税事業者である個人事業主やフリーランスが、実質的に増税となる問題は、ファクタリングの利用とは関係ありません。

しかし、個人事業主やフリーランスが実質的に増税となることで、資金繰りが悪化した場合、資金調達の手段としてファクタリングを利用する機会が増える可能性はあるかもしれません。

 

 

インボイス導入後、ファクタリング利用時の注意点

注意点

インボイス制度の導入により、非課税取引であるファクタリングに影響はないことはすでに解説したとおりです。

ただし、インボイス制度の導入により個人事業主やフリーランスが、実質的に増税になることは間違いなさそうです。

年間売上1,000万円未満の免税事業者だった個人事業主やフリーランスが実質的に増税になることによって、ファクタリングの利用が増えることが考えられます。

インボイス制度の導入後、初めてファクタリングを利用する方もいるかと思いますので、ファクタリングを利用するにあたっての注意点を挙げておきます。

・銀行などの融資よりも手数料が高い
・売掛先にファクタリングをしたことが知られるおそれがある
・資金調達は売掛金の範囲内まで
・債権譲渡登記をしないファクタリング会社に依頼する
・売掛金の支払いは分割ではなく一括のみ

 

2番目の注意点は、売掛先にファクタリングをしたことが知られると、資金繰りが悪化したのではないかと疑われるおそれがあるからです。

 

 

まとめ

お金

この記事では、インボイス制度の導入によるファクタリングへの影響はどのくらいあるかについて解説しました。

ファクタリングのような売掛債権の譲渡は非課税取引であるため、インボイス制度導入による影響はありません。

 

しかし、インボイス制度の導入により、年間売上1,000万円未満の個人事業主やフリーランスが増税になることは間違いなさそうです。

その分、収入が減少した個人事業主やフリーランスが、ファクタリングを利用する機会が増える可能性があります。

個人事業主やフリーランスの資金繰りが悪化したときに、ファクタリングは最適な資金調達手段だと言えます。

 

この記事が、インボイス導入によるファクタリングへの影響はどのくらいあるかを調べる際の参考になれば幸いです。

即日の資金調達でお困りの方は株式会社ZIST(ジスト)へご相談ください。

 

資金調達にお悩みの方はこちらのコラムもおすすめです。

資金調達成功の為に押さえておくべきポイント

CONTACT

0120-322-200

[通話料無料]
受付時間 平日10:00〜18:00(土日祝休)

03-6416-4361

24時間 365日受け付けております。

メールでお問い合わせはこちら 

24時間 365日受け付けております

/ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/2.2.4/jquery.min.js">